後悔と演劇とフルタ丸 

今後の活動予定、劇団情報、メンバー活動情報、稽古日誌を更新するためのブログです。
<< 『12月26日』 稽古日誌 8日目 | main | 『12月26日』 劇団メンバー座談会インタビュー (2) >>
『12月26日』 劇団メンバー座談会インタビュー (1)
0




    読み応えたっぷりの座談会インタビューを取って頂きました! 
    まずは劇団メンバーによる前編です。お楽しみください!

     (インタビュアー 『演劇ぶっく』 園田喬さん)


    −−では、劇団フルタ丸第17回公演『1226日』の特別座談会を始めさせて頂きます。

    一同 よろしくお願いします!

    −−今日は画用紙を用意してもらったので、それを使いながら進めていきましょう。
    では、新作が“クリスマスの翌日”に関するお話ということで、1問目は【あなたのクリスマスM.V.E.を教えて下さい】です。

    星野 え?

    −−Eはエピソードの「E」ということで「クリスマス最優秀エピソード」とでもいいますか。

    斎藤 え〜!?

    −−何をもって最優秀なのか?は、各自の解釈で構いません。

    宮内 クリスマスかぁ〜。

    星野 今まで30回近く経験しているのに、全然思い浮かばない……。

    フルタ あの、僕は事前に質問内容を相談していて、考える時間もいっぱいあったんですけど、全部の質問に対して何も考えてこなかった。

    −−威張って言われても困ります(笑)。

    一同 あははは(笑)。

     

     

    斎藤 これ、文で書くんですか?

    −−いや、お好きに。絵でもいいですよ。

    宮内 絵とかすごくない?

    −−短歌を詠んでもらっても構いませんし。

    宮内 あの〜、僕出来ました!

    フルタ おっ。じゃぁ宮内くんから。

    宮内 僕のごくごくオーソドックスなクリスマスM.V.E.は「レゴの海ぞく船」です。

    斎藤 海賊の「賊」の字が分かんなかった?

    宮内 言うな(笑)。これは、小学校低学年の頃だと思うんですけど、サンタさんにリクエストして、朝起きたらコタツの上にレゴの海賊船が置いてあって。
    当時、ボンボンのおぼっちゃましか買ってもらえないような、すごくデカイやつだったんです。

    星野 あー、そんなんあったね〜。

    宮内 だから、もの凄く嬉しかった。

    フルタ ほ〜。

    斎藤 こういうのか!間違えたぁ……。

    −−既に「間違えた発言」が出ました(笑)。

    斎藤 でも……、じゃぁ私はこれ!「返品!」。

    −−返品、ですか?

    斎藤 これは、23日からずっと彼氏と喧嘩をしてまして、
    24日になっても仲直りする手立てがなく、25日を迎え、プレゼントもなく……。
    そしたら彼氏がいきなり「歯医者へ行ってくる」とか言い出して。
    それでもうブチ切れ状態ですよ!「なんでこんな状態の私を放っておくの?」と。
    で、帰ってきたと思ったら袋を抱えてて、プレゼントを買いに行ったのは分かってたんですけど。
    歯医者という嘘をついたのが許せなくて……。

    フルタ それはあの……、優しさじゃない?

    斎藤 だったら開き直って「プレゼント用意してないから一緒に買いに行こう」と言って欲しかった。
    でも、1人で行っちゃったから「こんなお腹が空いた状態の私を家においとかないで!!」って。
    買ってきたプレゼントも「いらない!」って。

    フルタ はぁ……。

    斎藤 しかもそのプレゼントが、ヘッドフォンと携帯ストラップだったんです。
    私、ヘッドフォン使わないし、ストラップも今つけてるやつがあるからいらないから、
    「え?なんでコレなの!?」とか思っちゃって。
    それで彼がケーキを買いに行ってる間に、彼のカバンあさってレシート探して、
    買ったお店で「これ返品したいんですけど!」って。
    戻ってきたお金をプレゼントが入ってた袋に入れ直して、テーブルの上に置いて……。
    その喧嘩を年末まで持続したというのが、この「返品!」というお話。

    一同 (沈黙)。

    斎藤 ……だってだってだって、いらないモノなんですよ!歯医者って嘘をついて買いに行ったのも嫌だったし!

     

     

    星野 恋愛トークだな……。

    フルタ これを恋愛と捉えるべきか……。

    篠原 すごいね……。分かるんだけど。いらないモノがプレゼントとか嫌だとは思うけど、でも多分、結局その行為自体に「ありがとう」って……。

    星野 その気持ちがね。

    篠原 そう。

    フルタ 振り返って、真帆ちゃん的にはどうなの?自分にも非があったと思う?

    斎藤 なかった。

    宮内 うぉぉぉ、マジかよ!?

    フルタ その行動に間違いはなかった?

    斎藤 何もなかった! 私は悪くない!!

    −−聞いててちょっとかわいそうだなと思うのは、斎藤さんがヘッドフォンを使う器具、MP3プレーヤーとかそういうモノを持ってないにも関わらず、
    ヘッドフォンを買ってきちゃう辺りに、彼のリサーチ不足を垣間見るというか……。

    斎藤 そうなんですよね!知ってたんですよ、絶対!

    星野 お互いのリサーチ不足じゃないか?

    フルタ なるほど。真帆ちゃんは何かプレゼントしたの?

    斎藤 あげてないです。

    星野 それは結果的に?

    斎藤 ……実は私、用意してたんですよ。でもあんまり癪だから、クリスマスをかなり過ぎてからあげました。

     

     

    星野 俺は微妙なんですけど……、実家の近くで一人暮らしをしていた頃の話なんですけど、
    クリスマスに集まろうって言われて実家へ行ったら、用意してあった料理とは別に「はい」って渡されたのが、これ……。

    フルタ 鱒寿司だ!

    宮内 おぉぉ〜!

    星野 母親がニヤニヤしながら渡してきて。僕、鱒寿司が大好物なんです。ちょっと癪だったけど、嬉しかった。

    宮内 イイ話だなぁ。

    篠原 私は、実家に住んでいた時、クリスマス当日に宅急便が届いたんですよ。
    そしたらすっごく大きなサンタさんの袋の中にチョコがぎゅーぎゅーに詰まっていて。
    私、チョコが大好きなんですけど、それを当時付き合っていた人が、私にナイショで送ってくれて。

    斎藤 へぇー!!

    星野 それはいつ?

    篠原 2021歳くらいかな。毎日チョコが食べられてすごく嬉しかったです。

    斎藤 でも正直、それだけだったらナンだな〜。

    篠原 えっと、その時は他にもディズニーランドとか行ってから、プレゼントのひとつというか。

    斎藤 なーる。そう! こういうのがサプライズなんですよ!

    −−使わないヘッドフォンはサプライズとは言わない(笑)。

    斎藤 そう!!

     

     

    フルタ 僕はふたつあるんですけど、ひとつは「実家がケーキ屋だったため、クリスマスは弟と2人で家で過ごす」。

    −−へぇ〜。ケーキ屋さんのお宅にはテッパンのエピソードですね。

    フルタ はい。僕の実家がケーキ屋さんなんですけど、まぁ当然のようにクリスマスはかき入れ時で。
    両親はイブの一週間前位から忙しくなり、23日からは店に徹夜で張りついて。

    星野 ケーキは食べられるんですか?

    フルタ 一応。25日の夜に親父が持ってかえってきて、それを。
    −−じゃあ「サンタ不在説」に関しては、割と早い段階で?
    フルタ 気付いてましたね〜。で、もうひとつは「大学4年生の時に星野からもらった雑誌ターザン」。
    星野 あ〜! これ俺やったわ−。
    フルタ 大学4年の時、星野と2人で高田馬場の焼鳥屋さんで飲んでたら、星野がおもむろに雑誌ターザンを取り出して。
    星野 「クリスマスだから、やるよ」って(笑)。
    フルタ 確かダイエット関係の特集だった。
    星野 今よりまだシュッとしてて、太りたくないってずっと言ってたんです。
    −−それ、クリスマスプレゼントだったんですか?
    星野 いやいや。半分シャレなんですけどね。なんか照れくさくて。
    フルタ そう、僕も何故か照れながらもらった。
    星野 お互い彼女もいない時期だったし。それがシャレだと思っていたんですよ、2人の間の。
    −−その頃はもう演劇をやっていた?
    フルタ はい。もうフルタ丸やってましたねぇ。

     
    −−では、次の質問です。
    この公演、期間が1221日(水)から25日(日)ということで、【この時期の本公演、賛成or反対?】というのが、第2問になります。
    フルタ これ僕、答えられる立場かな?
    −−フルタさんには素直なお気持ちお答え頂ければ……と話していたら、
    斎藤さんは即答みたい。逆に宮内さんは悩んでいる様子ですが。
    宮内 答えは出ているんですけど、どう書いたらいいか……。難しいなぁ。
    −−そろそろよろしいでしょうか? では、せーのでお願いします。
    一同 せーの!!
    −−おっ。賛成2票、反対3票です!
    宮内 絶対そうなると思った。
    斎藤 ん〜!
    ‐‐フルタさんと星野さんが賛成、残り3名が反対。
    ちょっと皆さんの意見をお聞きしたいですね。
    宮内さんは反対理由として「みんなもの入り」と書いてありますが。
    宮内 チケットを買って下さるお客さんも含めてなんですけど。
    正直言ってどちらでもないんですが、僕は結構クリスマスを楽しむ派なんで、強いていえば反対かなぁ。
    斎藤 私も「お客さんを呼びづらい」というのと、あと「バイトを休みづらい」っていうのと。
    フルタ 辛いよねぇ。
    篠原 クリスマスに休みを取ると、結局「じゃぁ年末入って」と言われるよね。
    斎藤 そう。年末年始よろしくね! みたいな。
    −−篠原さんは「家族にプレゼントを渡せない」という理由で、反対に1票。
    篠原 プレゼントもそうなんですけど……、やっぱり、家族に会いに行けないというのが、ちょっと寂しい。
     
    −−フルタさんは賛成派ですが、理由の「家にいるとプレゼントをねだられる」というのは?
    フルタ これは公演自体とはちょっとずれるんですけど、
    まぁ家にいると奥さんと子供にねだられる訳ですよ(笑)。
    子供はまだ1歳ちょっとだから、そんなこと言うわけないんだけど、奥さんが「この子が欲しがってる」みたいに言ってきたりして。
    だからまぁ、クリスマスの時期に家にいないことが成立させられたらと。
    −−なるほど(笑)。星野さんも賛成票ですね。
    星野 あのー、僕は常にアンチでいたい、マイノリティでいたいという想いがあって。
    クリスマス、みんなで盛り上がっているからこそ、あえてやるんでしょ?
    という感じです。
    −−その「あえて」を選んだフルタ丸の心意気を買って、観に来てくれる人もいるかもしれないし。
    フルタ だったら嬉しいですね〜。
    星野 「寂しい思いをしてるなら、ソレをひっくり返してやるよ」みたいな気持ちはありますね。
    フルタ あと、今回は25日が千秋楽なんですけど、そうすると、打ち上げが朝まで続く可能性がある訳で。
    その場合、26日の早朝に下北沢の駅へ向かって歩いて行くわけですけれども、その時に自分が何を思うか?
    というのは、すごく興味あります。そういう「セルフドキュメンタリー」をやってみたい。
    −−「26日の朝が何色に見えるか?」みたいな。
    フルタ はい。どう見えるのかと……。
    星野 ……でも、終電より先に帰るんじゃないか? と。
    フルタ その可能性も割とある(笑)。
    −−まぁ、この第2問では反対票もありましたけれど、最終的には劇団員全員が楽しみながら取り組むという感じで……まとめてもいいですか?

    一同 はい!!



     














    (2に続く…)
    | furutamaru | 『12月26日』 | 21:21 | comments(0) | - | - | - |









      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    • リレーブログ「メンバーだけの本公演、再び!」篠原友紀
      みさえっち (01/23)
    • リレーブログ「メンバーだけの本公演、再び!」篠原友紀
      なみ (01/23)
    • リレーブログ「メンバーだけの本公演、再び!」篠原友紀
      ロッキー (01/23)
    • リレーブログ「メンバーだけの本公演、再び!」 工藤優太
      よねやま (01/22)
    • リレーブログ「メンバーだけの本公演、再び!」 工藤優太
      みさえっち (01/22)
    • リレーブログ「メンバーだけの本公演、再び!」 工藤優太
      masami (01/22)
    • リレーブログ「メンバーだけの本公演、再び!」 清水洋介
      よねやま (01/22)
    • リレーブログ「メンバーだけの本公演、再び!」 工藤優太
      なみ (01/22)
    • リレーブログ「メンバーだけの本公演、再び!」 工藤優太
      ロッキー (01/21)
    • リレーブログ「メンバーだけの本公演、再び!」 清水洋介
      みさえっち (01/21)
    + RECENT TRACKBACK
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE