後悔と演劇とフルタ丸 

今後の活動予定、劇団情報、メンバー活動情報、稽古日誌を更新するためのブログです。
フルタ丸とは
0
    『フルタ丸の演劇』

    こんにちわ。フルタジュンです。

    大学生の頃に、「フルタ丸」という劇団を創りました。僕らは、それをやっています。

    大概は後悔と共に、やりきれない夜や満たされない夜が、ワァァ〜と僕を襲う時がよくあって、なんか眠れなくなっちゃう。眠ろう、眠ろうと思っても眠れない。
    眠れないとき、僕は、ウディ・アレンの映画に何度も救われた。なんか眠れたんだよね。

    僕がやりたい演劇は、例えば、2人の女の子が、横断歩道で信号が変わるのを待っている。すると、カワイイ友人の方にナンパやスカウトの男が声を掛けてきて、その間、隣にいるのに、一言も声を掛けてもらえない女の子は、黙って下を向いている。別にナンパされたいわけでもスカウトされたいわけでもないけど。早く信号が青になってくれないかなぁ、早く信号が青になってくれたらいいのになぁって思っちゃう。でも、そんな時に限って、信号は赤色のままで、もう目をつぶって、じっと俯くことしかできない。何を考えているんだろう。今夜の夕ご飯のことかもしれないし、ジャニーズのあの人はカッコいいなぁかもしれない。なんでもいいんだ。
    僕は、その女の子が、目をつぶってやり過ごしている時間が豊かであるということを演劇を使って証明したい。

    分かりにくいかもしれないけど、僕は、そうゆう演劇を創りたいんだ。

    夏のあの日、横断歩道の前で俯いていた女の子も、よく行くコンビニで働いているリストカットがびっしりと刻まれた両腕をさらけ出して、お客さんにひそひそ言われても、がんばってレジを打ってるあの子のことも、部活もやらずに家に帰ってドラマの再放送をボーっと見ているだけだったあいつのことも。

    僕が演劇をやったところで、本当の悲しみとかやりきれない気持ちは、たぶん、解決できやしない。後悔って、そんな単純なものでもない。休むことなくずっと追いかけて来るからだ。けどさ、僕は、一晩でいい。たった一晩でいい。朝になったら、また同じことで悩んじゃうかもしれない。誰かにひどいことを言われて、傷つくかもしれない。けれど、その一晩だけ、いつもより少しだけぐっすりと眠れるような、添い寝してあげられる、そんな演劇を創りたい。

    あの夜、ウディ・アレンが、僕にとってのそれであったように。
    | furutamaru | フルタ丸とは | 15:14 | - | - | - | - |
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    • リレーブログ「メンバーだけの本公演、再び!」篠原友紀
      みさえっち (01/23)
    • リレーブログ「メンバーだけの本公演、再び!」篠原友紀
      なみ (01/23)
    • リレーブログ「メンバーだけの本公演、再び!」篠原友紀
      ロッキー (01/23)
    • リレーブログ「メンバーだけの本公演、再び!」 工藤優太
      よねやま (01/22)
    • リレーブログ「メンバーだけの本公演、再び!」 工藤優太
      みさえっち (01/22)
    • リレーブログ「メンバーだけの本公演、再び!」 工藤優太
      masami (01/22)
    • リレーブログ「メンバーだけの本公演、再び!」 清水洋介
      よねやま (01/22)
    • リレーブログ「メンバーだけの本公演、再び!」 工藤優太
      なみ (01/22)
    • リレーブログ「メンバーだけの本公演、再び!」 工藤優太
      ロッキー (01/21)
    • リレーブログ「メンバーだけの本公演、再び!」 清水洋介
      みさえっち (01/21)
    + RECENT TRACKBACK
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE